介護付有料老人ホームのメリットとデメリットについて

民間事業者によって運営が行なわれている介護付有料老人ホームは、現在、介護関連施設としては最も数が多く、入居希望者は自分に最も適した施設を選ぶことができるようになっています。


介護付有料老人ホームのメリットとしては、まず、施設ごとに特色があるために選択肢が広いことを上げることができます。施設それぞれで、高級志向を掲げている場合や、医療重視、リハビリ重視などと特徴にあり、自分の求めている内容や、身体の状況に合わせた選択をすることができます。

また、設備が充実している施設が多いこともあり、ここでは、レクリエーションやイベントなどを楽しむことと共に、充実した老後を過ごすことができます。



2つ目としては、施設は介護職員や看護職員の配置が義務付けられているために、手厚いケアを受けれることがあり、費用面においても定額制となっているために安心して暮らせることがあります。

デメリットとしては、まず、費用面があり、概ね、介護付有料老人ホームは公共型と比べた場合には割高になります。


施設によって利用に関しての費用は異なってきますが、多くは入居一時金を準備する必要があり、中には数千万円などと高額な場合もあります。



また、月額費用に関しても割高となることが多く、全てを含んだ費用としては、毎月15万円から30万程度が必要となります。

2つ目としては自由度に関する内容があり、施設にはそれぞれ制限が設けられているために、介護度が低い人などでは、窮屈な暮らしになってしまう可能性があります。


他にも、デイサービスなどの外部の介護サービスを利用できないこともデメリットの1つとなります。