サービス付き住宅タイプの有料老人ホーム

有料老人ホームには様々な種類がありますが、その中にサービス付き高齢者向け住宅というものがあります。

サ高住や、サ付きなどと呼ばれることがあります。

高齢者住まい法に基づき、高齢者が安心して生活できる賃貸等の住環境を整えるために制定されました。
主に民間で運営され、都道府県等の自治体が登録、指導、監督を行い、必要があれば立ち入り検査が入ります。

また、税制の優遇、建設費や改修費の補助等を国から受けることができます。
単独高齢者や、高齢者夫婦のうち、自立が可能な人、若しくは軽度の要介護状態の人が住みやすい住まいになっています。

一般的な住宅に住むのは心配だけど、普段はしっかりと自立した生活をしたいと考える高齢者向けの有料老人ホームです。


高齢化が進む中で、高齢者からの多様なニーズを答える形になった良い例です。



サービス付き高齢者住宅のメリットは数多くあります。・建物にバリアフリーが行き届いている・一定の設備や面積が確保されている・医師、看護師、介護福祉士等、ケアの専門家が常駐しおり、万が一の事態に素早く対応してもらえる・これまで送ってきた自宅生活とほぼ同等の自分らしい生活ができる・高齢者が契約しやすいように配慮されているこうしてメリットを挙げていく中で、最大のメリットはやはり自分らしく生活をしていくことができることです。



一般的な賃貸住宅と比較すると費用が高く、重度の介護状態にある方は入居し続けることはできない、などのデメリットもあります。


しかし、それを補ってあまりあるメリットがたくさんあります。



自分らしく、自立した生活を安心して送るための最良の有料老人ホームが、サービス付き高齢者向け住宅といえるでしょう。